MRエリスを評価してみた

MR
広告

 

今回は完全な上杉謙信の上位互換と言えるMRエリスを評価していきます。

今回は今まで戦役、ボス戦最適解の上杉謙信との違いも最後に載せておきます。

評価

戦役(放置戦闘)5.0
ボス戦5.0
対人戦5.0

特徴

長所

1、スキル1の攻撃前に「狂乱」状態になれるため、スキル攻撃が外れない。

2、スキル1の攻撃後、自身が3ターンの間、「挑発」「援護」状態になれる

3、UR閃アバター上杉謙信を上回る安定した火力と耐久性能

短所

1、コラボキャラのため、今回を逃すと入手できない

2、スキル1で攻撃した際、反射ダメージで大ダメージを受けると「挑発」「援護」状態になれない

専属武器(数値は深淵装備時の物)

エリスの剣:物理会心ダメージ+35% 攻撃力+19% 防御貫通+900

アクテティブスキル

スキル1:乱暴者(筋力ダメージ)

  • 2ターンの間、自身が「狂乱」状態になる。
  • 残りHP%が最も高い敵に1200%の物理ダメージに自身の筋力値の10倍ダメージが追加(防御力と物理防御力無視、会心攻撃可能)
  • 攻撃後、自身の残りHP%が50%より高い場合、3ターンの間「挑発」「援護」状態になる(被ダメージ半減、ダメージ反射120%増加)。
  • 自身が「狂乱」状態時、必ず会心攻撃発生、必中する。

スキル2:教えてくださいニャン(筋力ダメージ)

  • 敵4名に800%の物理ダメージ。
  • 毎回攻撃前、自身の残りHP%が50%より高い場合、ダメージ2倍。
  • 毎回攻撃前、自身の残りHP%が50%より低い場合、筋力値の6倍のダメージ加算(防御力と物理防御力無視、会心攻撃可能)。
  • 自身が「狂乱」状態時、必ず会心攻撃発生、必中する。

パッシブスキル

(真髄共鳴)赤髪の令嬢

  • 自身の最大HPが58%増加
  • 自身の物理防御力によって敵の筋力ダメージ減少
  • 物理防御力が高いほど、減少する筋力ダメージが高くなる
  • ※例:エリスがレベル160、物理防御力が70万の時、敵の筋力ダメージを87%減少
  • ※実際の数値は自身のレベルとステータスによる。入手後に確認できる
  • ※筋力ダメージ:筋力値×Nのダメージ

(真髄共鳴)瞬の一閃

  • 自身の物理防御貫通がLv×15増加 筋力値がLv×340増加
  • 自身の筋力値によって敵の知力ダメージ減少
  • 減少値:自身の筋力値×1.8、最大で敵の知力ダメージを90%減少可能
  • ※知力ダメージ:知力値×Nのダメージ

ギレーヌから学んだ剣術

  • 自身の攻撃力が58%増加、根気値がLv×360増加

初級の数学

自身のHP吸収が18%増加、体力値がLv×280増加

UR閃アバター上杉謙信との違い

基本能力は、レアリティの違いがあるので、割愛します。

 エリス上杉謙信
耐久性能真髄共鳴によって、筋力ダメージと知力ダメージカット可能筋力ダメージと知力ダメージカットできない
スキル1攻撃前「狂乱」
残りHP%が最も高い敵を攻撃
攻撃後「狂乱」
敵6名を攻撃
スキル2敵4名を攻撃
自身の残りHP%が50%より高い場合、ダメージ2倍
自身の残りHP%が50%より低い場合、筋力値の6倍のダメージ追加
バフ延長と総ダメージベースのHP回復は無い
残りHP%が最も低い敵4名を攻撃
敵より筋力値が高いとダメージ2倍
敵撃破で自身にかかっているバフを1ターン延長
全ての攻撃後、与えたダメージの50%HP回復

間違いなく戦役とボス戦最適解な上に対人戦においても強いぶっ壊れキャラになっています。上杉謙信を持っていなくて元宝を誰の入手に使うか迷っているならデメリットを差し引いても強力なので間違いなく入手したいキャラですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました